心理カウンセリングに必須の音楽知識

世界中に音楽

世界中に音楽を持たない文化は存在しないとい言っても過言ではないくらい、世界各地には様々な音楽が根付き、人々の身近に存在しています。

 

音楽のリズム

音楽のリズムは体の動きと結びつき、メロディーは脳と結びついて連動します。

 

心理カウンセリングの1つの分野に音楽療法

音楽の力を利用して、心を開いたり、気持ちを吐露しやすい環境を作り出したりすることができるのです。

 

 

 

世界中に音楽を持たない文化は存在しないとい言っても過言ではないくらい、世界各地には様々な音楽が根付き、人々の身近に存在しています。

 

音楽が生まれたのは4万年前だという説があります。人間が急激に発達する時期に音楽は生まれました。

 

音楽のリズムは体の動きと結びつき、メロディーは脳と結びついて連動します。求愛の表現として行われる音楽やダンスは、原始的には体力や経済力を示すためのパフォーマンスであったと考えられています。音楽は宗教儀式にも多く用いられ、神秘的な存在と意思を通わせるための大切な手段ともなってきました。

 

私たちは普段何気なく音楽を楽しんでいますが、よく考えてみるとなぜ人間に音楽が必要なのか?音楽は何のために存在しているのか?と疑問に思うかもしれません。

 

古くから私たち人類の身近にあった音楽ですが、音楽が心に及ぼす良い影響を考えると、なぜ音楽が必要なのかが見えてくるかもしれません。音楽を聴くことはリラックス効果があることは多くの人が知っています。お気に入りの音楽や穏やかな音楽を聴くことによって、気持ちを落ち着かせることができるのです。

 

聴覚は脳の中の大脳辺縁系に直結しています。大脳辺縁系は、脳の中で特に原始的な部分で、喜び、怒り、哀しみ、楽しみなどの感情や、攻撃的になったり、食欲、性欲、睡眠欲などの人間にとって単純な行動を支配している部分です。聴覚とその部分が直結しているということは、音楽が感情に与える影響はとても大きいことがわかります。

 

人間の体内にあるA10神経と呼ばれる神経は、脳の視床下部から前頭前野までを結んでいる神経です。A10細胞が刺激されると、快感ホルモンであるドーパミンが分泌され、人のやる気中枢と言われている側坐核を活性化させることがわかっています。クラシック音楽はこのA10神経を刺激し続けます。

 

クラシック音楽は長い歴史を経てもなおも多くの人に愛されている音楽です。やる気や感動を引き起こす不思議な力が隠されています。

 

心理カウンセリングの1つの分野に音楽療法というものがありますう。音楽の力を利用して、心を開いたり、気持ちを吐露しやすい環境を作り出したりすることができるのです。

 

音楽を効果的に心理療法で用いるためには正しい知識が必要です。音楽と人間の関わりやその歴史、行動に与える影響などについて知っていなければいけません。

 

こうした知識はストレスの多い現代社会において重要度の高いものです。心理と音楽の関連性について学ぶことは、自分の生活のストレスを減らし、気持ちを向上させてより豊かにすることに役立ちますし、医療や福祉の面で他の人を助けるためにも重要なことです。

 

音楽療法で解消できるストレスとは?

ストレスを解消

音楽をかけることで気分を向上させて乗り切ることができるようになります。

 

運動能力を向上

音楽は運動能力を向上させる効果もあります。

 

音楽を聴くことでリラックス

ストレスを音楽を聴くことでリラックスし、いくらか解消させることができるのです。

 

しなければいけない仕事や家事に囲まれた時、面倒くさいなとか、嫌だな、と感じることは誰でもあります。

 

そんなストレスも音楽をかけることで気分を向上させて乗り切ることができるようになります。嫌なことを行わなければならない、いつもぐずぐずして時間が経ってしまう、そういったストレスを持っている人は自分のお気に入りの音楽を流すことによってやる気をアップさせることができるのです。

 

音楽は運動能力を向上させる効果もあります。集中力を高めることができますし、ランニングなど、単調な運動を続けるために、ストレスを解消し、やる気を起こすのに役立ってくれます。

 

人間がストレスを感じる時には、不快な刺激があり、その刺激をなくしたいという気持ちが体や心の不調につながります。

 

刺激というのは体に外から与えられるものだけでなく、悪口や辛いことを言われたリする精神的な苦痛も含まれます。

 

そういったストレスを音楽を聴くことでリラックスし、いくらか解消させることができるのです。

 

音楽が人の心を癒やしてくれるのはなぜ?

音楽を聴くと心が癒されたり、気持ちをリラックスさせることができた、という経験は誰もがあると思います。

 

また、耳から聞こえてく波の音、小川のせせらぎなど、自然が奏でる音楽によって癒しの効果もあります。これは、冒頭でも少し触れたように、脳の原始的な部分である、大脳辺縁系と聴覚が直結しているからだと考えられています。

 

聴いたものが脳の感情を司る部分に直結しているため、適切な音や音楽を聴くと癒されたり、リラックス効果を得ることができるのです。

 

音楽が心を癒してくれる1つの理由は、癒しの音楽が「エンドルフィン」という物質を分泌させるからと言われています。エンドルフィンは「自然の鎮痛剤」と言われている脳内物質です。

 

エンドルフィンはモルヒネと似たような働きを見せるので、脳内麻薬と呼ばれることもあります。この物質が分泌されることによって、気分が高揚したり、幸せな気分が増大します。マラソンランナーの疲労が最大限にまで達したときに快感や陶酔感が得られる、ランナーズ・ハイという言葉を聞いたことがありますか?

 

この現象もエンドルフィンが大量に分泌されている状態です。普通の暮らしをしていても、おいしいものを食べた時や、好きな人と話している時にこの物質が大量に分泌されます。そして、癒しの音楽を聴くことによっても鎮痛作用のあるエンドルフィンが分泌されることがわかってきました。

 

音楽を聴くことによって分泌される自然の鎮痛剤で、健全に心を落ち着かせ、リラックス効果をもたらすことができるのです。

 

また、音楽が癒しを与えてくれるもうひとつの理由に、「1/fゆらぎ」というキーワードが挙げられます。「1/fゆらぎ」とは小川のせせらぎ、そよ風、体のリズムなどにある微妙なゆらぎのことです。メトロノームの音とラジオの雑音の中間にあたり、規則正しさと不規則性が調和していて、聴く人をリラックスさせる効果があります。

 

クラシック音楽には「1/fゆらぎ」が含まれていて、微妙なゆらぎが癒しをもたらしてくれるのです。音楽が人の心を癒す理由について考えてきましたが、難しいことは考えずにお気に入りの音楽を楽しむことが一番の癒しにつながるかもしれません。

 

気持ちを落ち着かせる音楽の選び方

いつも聴いているお気に入りの音楽を楽しむことには癒しやリラックス効果、集中力を高めたり、学習能力を向上させる効果もあります。

 

もともと音楽好きな人は以前から知らず知らずのうちに、気持ちを落ち着かせるために音楽の力を利用しているのかもしれません。
では、特に音楽好きでもないけど、これから癒しの音楽を取り入れてみたいという人はどうすればいいでしょうか?

 

世界一の癒しの音楽と言われている、「ウェイトレス」という音楽があります。マルコニ・ユニオンという作曲家の楽曲です。カタカナで書くと喫茶店やレストランで働くウェイトレスを思い浮かべてしまいますが、この曲の表題は「weigftless」で、無重力という意味です。

 

ギター、ピアノ、エレクトロ楽器が使われていて、海外のある実験で世界一癒される音楽として認定されています。実験では他の癒し音楽と比較して、「11%以上のリラックス効果」「65%の緊張度低下」「35%以上の心拍数低下」が見られたそうです。

 

曲のイメージとしては、タイトルの通り、無重力空間を浮遊しているような、子宮の中にいて母親の鼓動が聞こえるような、不思議な感覚の音楽です。動画配信サイトなどでも聴くことができるので、ぜひ聴いてみてください。

 

音楽が人の心を癒してくれる理由として、「1/fゆらぎ」の効果について説明しましたが、クラシック音楽、特にモーツァルトの楽曲にはこの「1/fゆらぎ」が多く含まれています。古い歴史のあるクラシック音楽が長年愛され続けているのも、人間が音楽に癒しを求めていて、クラシック音楽がそれに最適なジャンルの音楽だからなのかもしれません。

 

昔はクラシック音楽は敷居の高かったものだったでしょうが、現在はCDやインターネットでも気軽に楽しむことあができます。気負いせず気軽に生活に取り入れて、心を落ち着かせるお気に入りの音楽を見つけていきましょう。

 

いつも聴いているお気に入りの音楽を楽しむことには癒しやリラックス効果、集中力を高めたり、学習能力を向上させる効果もあります。

要点を紹介するキャラクター

 

音楽で心を癒やすおすすめ資格ランキング

音楽のリラックス効果を最大限に引き出し、心を癒して生活をより自分らしく豊かにするために、音楽と心理に関連した資格を目指す人もいます。

 

個人の生活や仕事でも役立つ音楽と心理に関する資格は、インターネットで申し込める通信講座を受講することによって取得することができます。

 

おすすめの通信講座をランキング形式でご紹介しましょう。

 

画像名を入力

メンタル心理ミュージックアドバイザーの特徴

人間を心の側面から学び、それが身体に与える影響を考え、心身に対する音楽の作用などへの理解が一定以上に達していると認められる方で、試験に合格した方に与えられる資格です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
メンタル心理ミュージックアドバイザーの総評
  • 心身に対する音楽の作用について深い理解をえることが出来ます。
  • 音楽の利用方法によって、癒しの効果を最大限引き出す方法が身につきます。
  • 資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動も可能です。
公式サイトへ

 

画像名を入力

音楽療法インストラクターの特徴

普段の生活の中で感じる、音楽の歴史、効果などの様々な知識が身につき、ライフスタイルの中における音楽の役割、重要性を考え、空間における音楽の考え方、利用方法などを熟知し、音楽の効果を効果的に利用できる一定レベルに達し、試験に合格した方が認定される資格です。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
音楽療法インストラクターの総評
  • 音楽の歴史、効果に関しての深い知識が身につきます。
  • 空間における音楽の考え方、利用方法が身につき、音楽をより効果的に生活に取り入れられるようになります。
  • 家、オフィスなど、さまざまな空間で、落ち着いた空間に変えてしまうことが出来るようになります。
公式サイトへ
第1位:諒設計アーキテクトラーニング

まず第1位は「諒設計アーキテクトラーニング」で受講できる「メンタル心理ミュージックアドバイザー資格取得講座」です。

 

生活において音楽がもたらす様々な効果や、医療に関わる音楽療法について学習します。家にいながら自分のペースで学習でき、最短2ヶ月でメンタル心理の資格を簡単に取得できます。
主婦の方は家事の合間に学習したり、仕事をしている人も空いた時間を利用して気軽に学習することができます。

 

この講座では、音楽の癒しはどのように始まったのか、その歴史や音楽の力や原理、効果、心を癒すのに最適な音楽や効果的な音楽療法について学習します。学んだことを生活にすぐに実践できるので、音楽が心に与える良い影響を実感しながら学習を進めていくことができます。この講座で日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)の主催する「メンタル心理ミュージックアドバイザー」資格と、日本インストラクター協会(JIA)が主催する「音楽療法インストラクター」の2つの資格を同時に取得することができます。

 

講座には通常講座とスペシャル講座があり、スペシャル講座を選択すれば、添削課題をクリアした後卒業課題を提出するだけで試験免除となり、卒業と同時に2つの資格を得ることができます。すぐに資格を取得したい場合や確実に資格を取得したい場合はスペシャル講座がおすすめです。

 

第2位:通信教育・通信講座SARAスクールジャパン

音楽で心を癒すためのおすすめの資格取得講座ランキング第2位は、「通信教育・通信講座SARAスクールジャパン」が実施している「音楽セラピスト基本コース/プラチナコース」です。

 

この講座では、音楽の力の原理や効果、癒しに適した音楽や実践的な音楽療法を学ぶことができます。現代社会のストレスや過労などの問題改善や、心身の健康状態の維持のために有益なコンテンツとして音楽が注目されており、音楽カウンセリングの必要も大きくなっています。講座で学んだ知識は、自分の生活に当てはめることができるほか、福祉施設や医療施設など、同じ悩みを抱えている人を手助けするためにも用いることができます。

 

このコースでも日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)の主催する「メンタル心理ミュージックアドバイザー」資格と、日本インストラクター協会(JIA)が主催する「音楽療法インストラクター」の2つの資格を同時に取得することができます。

 

SARAスクールジャパンで使用する教材はオリジナルで初心者でもわかりやすく作られているので安心です。基本コースとプラチナコースがありますが、プラチナコースを選択すれば、無試験で卒業と同時に資格を取得することができます。

 

一番おすすめなのは「メンタル心理ミュージックアドバイザー資格」

一番おすすめは「メンタル心理ミュージックアドバイザー」
音楽療法のスペシャリストに与えられる資格
心身の健康維持を目指します

ストレスの多い現代社会において、心理に関する知識は社会的にも重要視され、ニーズも年々高まっています。

 

音楽で人を癒すための知識は特に注目されており、音楽の力や作用についての研究が進んでいます。

 

音楽と心理の影響に関する知識を深め、資格を取得して仕事や自分の生活に役立てようという人もいます。

 

音楽と心理に関連した資格のうち、一番おすすめなのは、上記の講座のランキングにも登場した日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が認定している「メンタル心理ミュージックアドバイザー」です。

 

この資格は、人間の心を側面から学び、心が体に与える影響を考え、それに対する音楽の力の作用を理解している音楽療法のスペシャリストに与えられる資格です。

 

音楽の利用方法により、音楽の癒しの力を最大限にまで引き出し、ストレスの軽減、心身の健康維持を目指します。

 

資格取得後は自宅やカルチャースクールで講師として活動することができるようになります。
「メンタル心理ミュージックアドバイザー」になるために、上記の通信講座を受講して学習するほかに、自分で認定試験に申し込む方法もあります。

 

メンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験を受けるための受験資格は特にないので、誰でも受験の申し込みをすることができます。

 

医療。福祉関係のお仕事をされている方にも、自分の生活に役立てたい人にもおすすめの資格です。受験料は消費税込みで10,000円で、受験申請はインターネットで申し込むことができます。

 

受験は自宅で行うことができるので、忙しい人でも安心です。資格試験内容として、音楽の力について、古代からどのように音楽療法が使われてきたかについて、また、音楽が心を癒す原理、音楽と生活の関連性、様々な音楽の効果、科学的な理論などについて出題されます。

 

メンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験は毎年偶数月に合計6回行われています。つまり試験実施月は2月、4月、6月、8月、10月、12月です。奇数月に受験の申し込みが受け付けられ、偶数月の20日から25日の5日間が試験期間となります。送られてきた試験を試験期間中に自宅で問題を解答し、各月の末日の提出期限までに返却用の封筒で解答用紙を郵送します。

 

その後、翌月の20日に合否通知が発送されます。年に6回試験があるので、もし落ちてしまったとしてもすぐに再挑戦することができます。試験が多いので自分のペースで試験を受けることができるのも助かります。

 

音楽療法士ページはこちら

 

まとめ

心理カウンセリングのひとつの分野として、音楽療法というものがあります。音楽を使って人の心を癒すためには、その歴史や原理、効果的な音楽の用い方について正しい知識がなければなりません。

 

これらの知識はストレスの多い現代社会においては需要のある分野で、専門的な知識を有している人材は医療や福祉関連の現場で大いに求められています。

 

心理と音楽に関連した「メンタル心理ミュージックアドバイザー」や「音楽療法インストラクター」といった資格があります。

 

資格勉強をしながら、音楽が心を癒す効果を実感することができます。これらの資格はインターネットで申し込み、自宅で受講できる通信講座で学ぶほか、自分で認定試験を直接受けて取得することもできます。

 

音楽が心を癒す力を使って自分の生活をより良いものにしたり、医療や福祉の現場で生かして他の人を助けることができるというのはとても素晴らしいことです。

更新履歴