音楽が心や身体のクスリ

音楽はいつの時代も人々を魅了し、生活の一部として親しまれてきました。それだけではなく、音楽が心身にもたらす良い効果についても昔から人々は認めてきました。例えば旧約聖書の中には「ダビデが王様サウルのうつ病をたて琴を演奏して癒した」という記録が載せられていますし、古代エジプト人が音楽を「魂のクスリ」と呼んでいたことも分かっています。

 

さらにギリシャの哲学者アリストテレスは、音楽には心身の悩みやうつ状態を改善し情緒を安定させる力があることを説きました。確かに疲れた時やリフレッシュしたいと思う時には音楽を聴きたくなるものです。それは音楽には人の心や身体を回復させるクスリのような働きがあるからです。モチベーションが上がらない、やる気が起きない、ストレスで押しつぶされそう…そんな時にこそ音楽を積極的に取り入れて聴くことで、心や身体の痛みや不安、心配を緩和させていきたいものです。

 

科学が証明する音楽のチカラ

音楽になぜそれほどの心身の健康を取り戻すチカラがあるのでしょうか。それは科学的な証拠に基づいています。一つに音楽を聴くと人の脳や自律神経が反応し、ドーパミンと呼ばれる快感や多幸感をもたらす神経伝達物質の働きを促します。それによりストレスホルモンが減りリラックスした状態を感じることができるのです。さらに心だけではなく体の免疫を高める効果も音楽にはあるようです。

 

ある研究者たちが300人の人に50分音楽を聴かせ続けたところ、血中に含まれる抗体物質が増えたという結果が導き出されました。また、運動をしている時に音楽を聴くと代謝が良くなることも明らかになっており、ダイエット効果も期待できることが分かります。

 

 

福祉や医療の現場で用いられる音楽セラピー効果

このように音楽には人の心や身体を癒す力があることが研究によっても分かるようになり、医療や福祉の場で音楽療法が積極的に導入されるようになってきました。そうした音楽セラピーにはどんな効果や作用があるのでしょうか。

 

おもには精神的な病を抱える方の心のケアが行なわれ、その人に合った音楽を探して気持ちを癒したり落ち着かせるアプローチを行ないます。さらに認知症患者、小児まひや自閉症などの脳障害を持つ人たちと歌を歌ったり、演奏に合わせて体を動かすよう促すことによって運動機能を回復させていく効果もあります。実際、この音楽セラピーを通して、患者のストレス解放や、痛みが緩和されて体の調子が改善された、という良い効果が報告されています。

 

まとめ

音楽が人に及ぼす効果は計り知れません。これからもその研究は進められていき、音楽を用いたセラピストもますます必要とされてくるに違いありません。

 

日本では民間資格になりますが、”音楽療法インストラクター”や”メンタル心理ミュージックアドバイザー”という資格を自分で学んで取得することもできますので関心のある方はインターネット等を通して情報を得てみてくださいね。

関連ページ

メンタル心理ミュージックアドバイザーとは?
音楽療法士とは、音楽によって心や体の病気を持つ人のあらゆる症状を改善する手助けを専門的に行なう人のことをいいます。近年において音楽療法が用いられるようになった、その最初のきっかけはアメリカだといわれています。
テンションが上がる音楽の選び方
皆さんはどんな時に気分を盛り上げたい!と感じますか?いちばんはやはり、気分が下がっている時でしょう。学校の勉強や、育児に追われて体がほとほと疲れている、仕事が忙しい毎日で休みもままならず、寝る時間も取れていない、そんな時は気持ちを切り替えたいと思うかもしれません。
洋楽でリフレッシュにおすすめの音楽まとめ
音楽は私たちの身近にあるものの中でもより手軽に気分を変えたり、ストレスを解放するのに役立ちます。それでぜひ日々の暮らしの中に上手に音楽を取り入れて気分転換をし、リフレッシュしてほしいと思います。
和風のリラックスできる音楽まとめ
日本にはたくさんの美しくて素晴らしい音楽があり、日本独自の音を作り出す楽器もたくさんあります。尺八や三味線、和太鼓、琵琶(びわ)などです。お蕎麦屋さんとか、昔ながらの和菓子屋さんで流れている音の雰囲気をイメージされる方もいるでしょうか。最近
心が落ち着くリズムやテンポ
何気なく耳にするリズムやテンポというワードですが、どのような違いがあるかご存知でしょうか。この二つは全く別物になります。テンポとは曲の速さのことをいいます。BPMというもので数字で表されることもあれば、アンダンテとかアレグロといった速度記号で表されることもあります。
アコースティックギター音楽でリラックスできる
ギターにもいろいろな種類がありますが、その中の一つにアコースティックギターがあります。このギターは別名「生ギター」とも呼ばれています。なぜなら、アンプのような機材を使って音を大きくしたり音幅を広げなくてもその楽器そのものだけで音色を奏でることができるからです。
ピアノ音楽でリラックスできる
ピアノは”楽器の王様”と呼ばれるほど多くの人に知られており、また楽器の習い事の中でも一般に多くの家庭に広まり愛されています。ピアノといっても色々な種類がありますが、家庭や、学校などに置いてあるもので一般的なものはアップライトピアノかもしれません。
ヴァイオリン音楽でリラックスしよう
ヴァイオリンと聞くと、お金持ちの人が習って弾くようなイメージで、一般家庭ではなかなかお目にかかれない、というイメージがあるかもしれません。確かにあまり近くでどんな楽器か、手にしたことのある方は少ないと思います。
オーケストラやクラシックでリラックス促進
19世紀以降に作られた音楽は「現代音楽」として知られています。クラシックの有名な音楽家としては、バッハ、モーツアルト、ベートーヴェンといった人が思い浮かぶかもしれません。たくさんの記憶に残る名曲があり、現代でも人々を魅了する歴史のある音楽です。
カフェやレストランに最適な音楽
最近の調査でカフェやレストランにどれくらの割合で行くかを尋ねたところ、半数以上の人が「週に1回以上」と答えたそうです。そしてどんな時に利用するか、というアンケートでは7割近くの人が「くつろいだり、癒しや休息を得るため、気分転換のため」と答えました。
BGM選びに生かせる音楽療法士の資格
最近は家事をしている時やドライブの時にストレスフリーで活動するためや、また勉強の時に集中力を高めるためにBGM音楽を流される方が多くなっています。なかなか寝付けないので夜寝る時の睡眠導入として音楽を利用している人も結構います。
ミュージックアドバイザーになるのに必要な道具
ミュージックアドバイザーとは何でしょうか?正確には”メンタル心理ミュージックアドバイザー”と言います。この資格は現代のストレス社会の中で最近とても注目を集めています。
音が人間の精神に及ぼすこと
私たちは毎日さまざまな”音”を耳にします。その中でも聴いていて心地よいものもあれば、そうではない、いわゆる”騒音”と感じる音もあります。工事中に鳴り響く大きな音や車や電車の音、街中の喧騒など人工的に作られる音はもしかすると耳障りに感じることがあるかもしれません。
ノリノリな曲のカラオケでもリフレッシュできる
ストレス社会といわれる現代において、毎日のように私たちはストレスとなる事と向き合わなければなりません。ストレスが溜まりすぎると精神だけではなく、身体にも不調をきたすようになりますから、ストレスを完全に無くすことはできないにしても溜まったストレスを上手に発散させるのに良い方法を自分なりに見つけていくことが大切です。
音質が良いイヤホン・ヘッドホン情報
近年はスマートフォンやiPodなど携帯していつでも音楽やさまざまな情報を聴ける時代になりました。それに伴って高音質のものや、装着しやすいイヤホンやヘッドホンを装着して音楽等を楽しみたいというユーザーも増えてきています。メーカーもたくさんありますし、種類も性能もさまざまで、どれを選んだら良いのか迷いますね。
最高音質で聞けるヘッドホンのスペック
スマートフォンやiPodなどさまざまな媒体を携帯していつでもどこでも音楽を楽しめる時代に伴って、ヘッドホンを使用する人も増えてきました。ファッションアイテムとしてデザイン性のあるものを選ぶ方もいれば、音質の良いものを求める方もいるでしょう。
自分だけのBGMプレイリストを作る方法
まず初めにホーム画面にある”ミュージック”アプリをタップして開きます。”プレイリスト”内に出てくる”新規プレイリスト”をタップします。名前を入れて保存ボタンを押すと新規プレイリストへの曲の追加画面が出てきます。「
iPhoneに音楽を入れる簡単な方法
今は自宅でオーディオ機器を使わなくても、CDをわざわざお店に購入しに行かなくても手軽にiPhoneなどの携帯機器を使って音楽を楽しむことができる時代です。音楽を聴きたい、必要とする場面は人それぞれでしょう。
自分だけのプレイリストを作るコツ
その時の気分や雰囲気に合った音楽を聴くと、心が落ち着いて癒されたりとてもリフレッシュできた!という事がありますよね。落ち込んだ時には元気になれて気持ちを切り替えられる曲を聴きたいですし、勉強や仕事に取り組みたい時は集中力を高めてくれるような曲を聴きたいと思うものです。
リフレッシュできる再生順を考える方法
ストレス社会といわれる現代、私たちは日々ストレスとなる事と向き合って生活しています。ストレスは精神だけではなく、身体にも影響を及ぼすのでストレスを完全に無くすことはできないにしても溜まったストレスを上手に発散させる方法を見つけていくことは大切です。
リピートBGMを作る方法
BGMとは”バックグラウンドミュージック”を省略した名称で、何かメインとなるものの背景として流れている音楽を指します。つまりBGMは音楽そのものを聴くことを目的として流すわけではなく、その場の雰囲気や感情を作り出したり、目的となるもののシーンや時間に特化していて決して邪魔にならない存在でなければなりません。
BGMに最適な音楽のジャンル
BGMとは”バックグラウンドミュージック”の略称で、何か特定の空間やメインとなるものの背景に小音量で流れている音楽のことです。例えばテレビ映像や映画の背景を盛り上げるためにバックで流れていることもありますし、カフェなどのお店、仕事場や病院などでも気持ちをリラックスさせる効果を目的として流すこともあります。
ヒーリングミュージックの作り方
最近ヒーリング音楽という言葉をよく聞きますね。「癒し」とか「睡眠」というワードと共に使用されていることから、リラックス効果のある音楽のようなイメージを持ちますが実際にどんな音楽のことをいうのでしょうか?
音楽で気持ちをリフレッシュする方法
私たちは日々ストレスとなる事と向き合って生活しています。疲れを感じた時やリフレッシュしたいと思う時に音楽を聴きたくなることがありませんか?それは音楽には人の心や身体に作用するクスリのような働きがあるからです。実際に昔から音楽は「魂のクスリ」と呼ばれてその効果は実証されてきました。